事務所引越しで新時代の働き方に対応!円滑に進めるため知っておくべき関連情報のまとめ

このサイトでは、事務所引越し作業を円滑に進める方法をご紹介します。
近年は、テレワークや在宅ワークを選ぶ人が増えました。
引越し時には、そのような新しい働き方への対応も考えておいた方がよいでしょう。
引越しで事務所の住所が変わると、インターネット回線やクレジットカードなどの登録情報も変更しなくてはなりません。
また取引先や顧客への連絡も必要です。
当サイトで、引越しで必要となる各種手続きについても触れていきます。

事務所引越しで新時代の働き方に対応!円滑に進めるため知っておくべき関連情報のまとめ

事務所引越しでは、様々な準備や手続きが必要です。
最初にやることは引越し業者の選定です。
事務所引越しの対応件数が多い業者を選んだほうが安心です。
事務所引越しを効率よく進めるためには、社員たちの協力も欠かせません。
普段の業務に支障が出ないように、綿密なスケジュールを立ててから事務所引越し作業に取り掛かるとよいでしょう。
銀行口座などの引越し関連の手続きも忘れてはいけません、漏れを防ぐためには、やるべきことをリストアップしておくとよいでしょう。

専門家の意見を採り入れたい事務所引越し後のレイアウト

会社は行っている業務の流れや規模から事務所引越しをする場合がありますが、そこで問題になるのは以前までの職場と新規のところでは室内の大きさや形状が異なっているという点です。
これは新規に建設しない限りは必ず発生する問題点であり、この部分を適切に対処しなければ業務効率が下がったり、設置した機器などが使いにくいなどの理由で別の場所に移すといった余計な手間がかかってしまいます。
特に会社は継続的に業務を遂行しているので、相手先企業に悪影響を与えるようなオフィス引越しをしないためにも、事前に専門家に依頼して移転先のレイアウトを考察してもらうといいでしょう。
事務所引越しではそれまで使っていた設備や機器をそのまま使うことが多く、適当に配置していては作業がやりにくくななり、そこで働く従業員に意味の無いストレスを感じさせる原因になってしまいます。
これを専門家が移転先の形状やその会社の業務内容や従業員の人数から最適なレイアウトを作ってもらえば、その図面に従って荷物を搬入すればいいので時間効率も上昇します。
事務所引越しは関係する取引先のことを最優先に考えて行動しなければいけないので、どうすれば短時間で終われるのかという作業効率を優先することが求められます。

事務所引越しの費用を節約するための方法

事務所引越しを行うことが決まった会社の中には、高額になりがちな料金が負担になってしまうことで節約することを検討することも珍しいことではありません。
全てをフルパッケージで事務所引越しの会社に任せた場合、社員数による違いはありますが、30万円以上も掛かることが一般的になり、この料金には引越し先で必要とするリフォーム費用は含まれていないので、全てを合わせると60万円以上の出費になる可能性も出てしまいます。
節約を出来る限り行う方法には、DIYの方法で社員によって可能な範囲は全て作業をしておくことは効果的です。
例えば床材がPタイルの物件の場合、オフィス用のカーペットを敷くオフィスがありますが、現在ではネット通販で探せば必要となる資材類は簡単に入手できるので、パネル式のカーペットを必要数購入し敷きつめることで節約を行えます。
次に軽量なデスク、チェア、ボード類など社員だけで運べるような物品に関しては、引越し当日の早い時間から平台のトラックをレンタルしておき、搬出から搬入を社員だけで済ませると、後は専門的知識が必要になる機材類の移動とセッティングだけになるので費用削減には効果的ではないでしょうか。

チェックリストを駆使して効率的な事務所引越し

個人の引越しもたいへん手間がかかりますが、法人や個人事業主の事務所引越しはやるべきことがもっと増えます。
従業員や顧客はもちろんのこと、取引先や行政機関など多くの人々に影響を及ぼすことになるからです。
また、従業員や顧客に快適な空間を提供する必要があるため、綿密な計画が求められます。
そのため、効率の良い事務所引越しを実現するためには、チェックリストやスケジュール管理シートが不可欠になります。
これらを用い、従業員同士で情報共有しながら業務を遂行してゆくべきです。
チェックリストを作成する際には、必要な全てのタスクをここに集結させなければなりません。
現在のオフィスの問題点を洗い出し、これらの問題点を解決、あるいは不便を軽減する新物件を選定する基準を決めます。
そして、その条件を満たす物件を不動産会社と相談しながら候補を作成するのが基本になります。
物件が決まればレイアウトや内装、必要な什器、電源や照明などの計画をしなければなりません。
同時に取引先への連絡や行政機関への手続き、ホームページやポータルサイトの住所変更なども必要です。

コンサル会社の支援を受けた事務所引越し

事務所引越しを自社内だけで完結させようとすると、大きな負担が生じます。
物件や引越し業者の選定、各種手続きに取引先などへの挨拶状などやるべきことがいくつもあるので、それらを全て自社内で行うと本来の業務にも支障をきたします。
そこで活用したいのが、事務所引越しの支援をしているコンサル会社です。
コンサル会社は事務所引越しを成功させるために、さまざまなアドバイスをしています。
たとえば物件の選定やオフィスデザインなどの提案もしてくれたりと、どれも成功に近づくためのアドバイスです。
経験が不足していたり自社内で完結させようとすると失敗しがちですが、専門家の支援を受けることでハードルが下がり成功に近づくので、最初から相談をしておくのがおすすめです。
専門家の助けを借りつつ事務所引越しを成功にさせれば、将来のビジネスも軌道に乗りやすくなります。
移転をしてさらに成長させるためにも、専門家の助けを借りるのがおすすめです。

事務所引越しに関する情報サイト
円滑な事務所引越しを

このサイトでは、事務所引越し作業を円滑に進める方法をご紹介します。
近年は、テレワークや在宅ワークを選ぶ人が増えました。
引越し時には、そのような新しい働き方への対応も考えておいた方がよいでしょう。
引越しで事務所の住所が変わると、インターネット回線やクレジットカードなどの登録情報も変更しなくてはなりません。
また取引先や顧客への連絡も必要です。
当サイトで、引越しで必要となる各種手続きについても触れていきます。

新着情報
    2022/3/15

    専門家の意見を採り入れたい事務所引越し後のレイアウト

    2022/3/15

    事務所引越しの費用を節約するための方法

    2022/3/15

    チェックリストを駆使して効率的な事務所引越し

    2022/3/15

    コンサル会社の支援を受けた事務所引越し